請求書に印鑑って必要なの?フリーランスのイラストレーターさんの疑問にお答え

カテゴリ : イラストレーターの営業術
イラストレーターさん、請求書にはハンコを押そう。

請求書には忘れずに判子を押そう。

請求書のハンコについては、ネットの一部ではこんな意見が出回ってるんだけど、どこかで読んだことある?
「請求書にハンコなんていらない!
そもそも紙にプリントする必要もない!
PDFにしてメールに添付だけでOK!」
っていうやつ。

これ、鵜呑みにしちゃダメだよ!特にイラストレーターさんは。
「請求書には印鑑を押す」って習慣にしておいてほしい。でなければ困ったことになるかもよ?ていうか私実際に困ったことあるから……。

たしかに、法律上決まってるってわけでもないが……

請求書にハンコは必須だなんて法律上決まってはないんです。「いくら払ってね」って用がちゃんと伝わりさえすれば、データでもOKでしょッていうのは正しい。
しかし、実際の運用ではそれが通じない場合がある。

イラストレーターさんって、取引先は制作会社さんや出版社さんが多いよね。時には結構な大手と取引することだってあると思います。

そんな私たちにとっては、仕事を共にする相手と、お金を払ってくれる人が別の人・別の部署ってことがふつうです。別会社ってことさえ珍しくない。私たちが発行した請求書が、いろんな人を経由して大企業の経理さんのところへたどり着いたとき、印鑑が押されてないと「これ誰?信用できんのだけど?」ってなことになっちゃったりもするわけよ。

実話。信用されなかったらしい

そこで、私の恥ずかしい体験談をひとつ。私がある大手出版社の雑誌のイラストの仕事をさせてもらったとき、ハンコひとつのおかげでギャラの受け取りが大幅に遅れたことがありました。

予定の期日をだいぶ過ぎても入金がない。一体どうしたのかな?大手がすっぽかすなんて絶対ありえないし……と思って担当の人を通じて調べてもらったら、どうも私は請求書にハンコを押すのをうっかり忘れていたらしい。「請求書に印鑑がなかったため、経理部内でどう取り扱うかの検討を待っている状態でした」とのこと。

ね、日本はまだまだハンコ社会なのだっ。結局その時はなんとかお願いしてすぐ払ってもらえたけど、先方さんに余計なお手間をかけちゃった……ウウ。

円滑にコトを進めるために、印鑑は押しましょう

ニッポンのハンコ社会を糾弾すべき!!とか私はどーでもいいです。糾弾したい人は勝手にしいよし。そんなことより、一緒に仕事を頑張ってきた担当者さんに迷惑をかけちゃった。それが申し訳なくてね。

法律で決まってないんだから、今時データで送るのがふつうなんだから、って格好つけたい気持ちもわかるけど、そのせいで見えない面倒を誰かに押し付けているのかもしれないし、はたまた、ハンコひとつなんかで信頼を欠いてしまうことがあるのだとしたら、そんなつまらない話はないと思うんですよ。

ハンコがあって困ることはなくても、ハンコがなくて困ることはまだまだある。
円滑にコトを進めるため、請求書にはハンコを押しましょう。

請求書はデータか、印刷して郵送か。取引先さんに聞いてみよう

とはいえ、請求書をデータのみで済ませている取引先さんもあるのは確かです。
どっちにしても、あらかじめ取引先さんに確認したらいいと思うよ。「データで送ってもいいですか」、または「印刷して郵送したほうがいいですか」って。
別に恥ずかしいことでもなんでもないですから。

「データで送ってくれればいいです、ハンコもいらないです」っていう会社さんも実際にあるし。

かと思えば「印鑑の画像が入っているという条件ならば、データでもOKです」ってルールのところもある。つまりハンコを押した紙をスキャニングしてデータ化しておいて、それをExcelやNumbersのテンプレに入れておいて、ってことね。それでもいいんだって。面白いね。

「イラストサイトを作りたい」
「せっかくなら、
仕事の役に立てたい」

そんなイラストレーターさんに
読んでいただきたいノウハウ集、できました

目次 & 概要

もうちょっと詳しく知りたい?もくじ全公開中

いしつく!はお役に立ちましたか?

フォローして、今後も
最新情報をゲットしてください

  • feedly

よかったら、こちらの記事も読んでみて。