「ドメイン永久無料」付きのレンタルサーバー[ポートフォリオサイトにおすすめ]

イラストレーター及びフリーランスクリエイターのポートフォリオサイトには独自ドメインが必須。理由は別記事で読んでください。

ポートフォリオサイトにドメインって必要?疑問に答えます – いしつく!ブログ

そうなると問題は、ドメインやサーバーをどこで買えばいいか。最近、レンタルサーバーを契約するとドメインがひとつ無料でついてくるっていうサービスをやってるサーバー会社が増えてきたので、そういうのいかがでしょう?

Macrovector – jp.freepik.com によって作成された abstract ベクトル

「ドメイン永久無料」ってどういう意味?

レンタルサーバーを契約すると、そのサーバーに割り当てるドメインをひとつ無料でつけてもらえる、というサービス。具体的なサービス名はこのあと紹介していくよ。説明すっ飛ばしてサービス一覧を見たい人はこちら。

ドメインは1年とか2年とかごとに契約を更新しないといけないんだけど、その時の更新料もサーバー会社が負担してくれる、そういうサービスのことを「ドメイン永久無料」って呼び方で展開してることが多いです。

「ドメイン永久無料」は何がメリットなの?

長く商売をするつもりならお得

クリエイターで「ポートフォリオサイトを作ろう!」って人は、おそらくそれなりに商売を真剣にやっていこうと思ってるはずですよね。

クリエイターとして商売をしていく以上、ウェブサイト ≒ ウェブサーバーはずっと必要なものだから、そのつきあいはこの先何年も、もしかしたら10年以上になるかもしれない。だったら、ドメインが無料でずっとついてくるというサービスはとてもありがたいはず。

「うっかり更新忘れ」を防げる

ちょっと前までは「ドメイン永久無料」というサービスはなかったので、サーバーとドメインは別々に契約するのがふつうでした。ドメインの更新をうっかり忘れてしまって、ウェブサイトは存在するのに表示できなくなった……! みたいなミスはよくあったんです。

「ドメイン永久無料」のサービスはだいたいサーバー会社側で勝手に更新されるようになっているので、そういう悲しみも避けられる (ただしサービスによって扱いが違う場合もあります)。

「ドメイン永久無料」のここに気をつけよう(デメリット)

お引越しが面倒(ドメイン移管が必要)

「ドメイン永久無料」に惹かれて契約してみたけど、なんかこのサーバーもひとつ合わないわぁ〜、乗り換えちゃお、ってことが将来起こった場合、お引越しが多少めんどくさいです。

サーバーのデータの引っ越しとは別に、ドメイン移管という作業もやらなきゃいけないからです。これは手数料もかかるし、引っ越し元/先、両方の設定が必要。

レンタルサーバーとドメインを別々に契約してあると、ドメイン移管は必要なくて、設定を変えるだけで済むっていう違いがあります。なので、サーバー性能にこだわる人はちょっと慎重めに検討したほうがいいですね。

新規取得ドメインのみ対象、の場合がある

「ドメイン永久無料」をうたうサービスの中で、新規取得のドメインだけが対象というところと、すでに持ってるドメインを移管してきてもOKというところがあります。すでにドメインを持っている人はここきちんとチェックしておきましょう。

サービスごとに対象のTLD (ドメインの後ろにつく .com とかの文字列) が決まってるので、持っているドメインが対象外だと、移管できないこともあるよ。


ここからは、「ドメイン永久無料」またはそれに近いサービスをやっているサーバー会社を紹介していくよ。

おすすめサーバー1 : エックスサーバー(Xserver)

とっても有名なサーバーですね。迷ったらエックスサーバーにしておけと言われることが多いです。「ドメイン永久無料」はキャンペーンとしてやっているようなので(この記事時点)、いつまであるかは不明です。

手持ちドメインの移管
対象ドメイン.com, .net, .info, .org, .biz, .blog

おすすめサーバー2 :mixhost(ミックスホスト)

アフィリエイターのファンが多いサーバー。複数サイト持つ人もざらなので強いサーバーが好まれます。ドメイン永久無料はこちらもキャンペーンとしてやっていて、12ヶ月以上の契約をすると対象ドメインが永久無料とのこと。

手持ちドメインの移管不可
対象ドメイン.com, .net, .info, .org, .biz, .shop, .xyz, .link, click

おすすめサーバー3 :ロリポップ

安い初心者向けサーバーとして古くから有名でしたけど、最近スペック向上にかなり力を入れたので評価が上がってます。こちらもキャンペーンとしてやっており12ヶ月以上の契約でドメイン永久無料がつきます。選べるドメインがめっちゃ多いのも特徴的。

手持ちドメインの移管不可
対象ドメイン.com, .net, .info, .org, .biz, .shop, .xyz, .work, .me, .tokyo, .okinawa など45種類以上

おすすめサーバー4 :スタードメイン

こちらは他のとはちょっと毛色が違ってて、ドメインを買うとレンタルサーバーがついてくる、という逆のパターン。場合によってはめっちゃ安上がりです。

無料で付与されるサーバーはちゃんとSSLもWordPressも使えます。スペックをチェックしてみましたところ、あまりこだわらない人・ポートフォリオサイトはとりあえずあれば、って人にはおそらく十分かと。

手持ちドメインの移管
対象ドメイン.com, .net, .info, .jp, .org, .biz, .me, .asia, .mobi など多数

おすすめサーバー5 :コアサーバー(CORESERVER)

価格がお手頃ながら高機能なことで評判を伸ばしているサーバー。V2プランというプランを選ぶとドメイン永久無料がついてきます。キャンペーンとしての永久無料じゃなくて、プランに組み込まれています。

ドメインがつかないプランもあるけど、それと比してスペックを考慮しても値段が高いわけじゃないので、ドメインが必要ならどう考えてもV2プランのほうがいいんじゃないかなぁと思う次第です。

手持ちドメインの移管
対象ドメイン.com, .net, .info, .org, .biz

おすすめサーバー6 :ConoHa WING(コノハウイング)

比較的新しいサービスで、いしつく!も利用していますがとっても安定しています。WordPress移行ツールやバックアップも無料なので何かと便利。ドメイン永久無料はWINGパックというプランを選ぶとついてきます。

ここが他と違うのは、無料ドメインが2つつくこと。ドメインが2つ使えるのだったら、メインのポートフォリオサイトのほかに、一般個人客向けのグッズ販売サイトを設けるとか、いろいろ使い方が広がりますね。ただし2個目のドメインはTLDの種類が限られているので注意。

手持ちドメインの移管
利用可能ドメイン1個目 : .com, .net, .info, .org, .biz, .xyz, .tokyo, .click, .link など20種類
2個目 : .online, .space, .website, .tech, .site, .fun, .tokyo, .shop

よかったら、こちらの記事も読んでみて。