WordPressってなに?初心者向け知識まとめ

ポートフォリオサイトの作り方を調べていたら、WordPressがいいって情報がよく出てくるんだけど。そもそもWordPressってどういうもの?という初歩の初歩について、WordPressプラグイン&テーマ開発者でもあるいしつく!が教えます。

世界中のウェブサイトの4割がWordPressで作られているといいます。あまりに有名なので、勘違いしちゃっているクリエイターが多いんです、「WordPressは初心者でもカンタンにウェブサイトが作れるツール」だと。

その認識は間違いです。間違った考えのまま作り始めると挫折が待ってるんで、まずは正しい知識を仕入れてください。

WordPressは、無料で使える

WordPressは、オープンソースのフリーソフト

WordPressは、ウェブサイトを構築するためのソフトウェアです。
世界中のエンジニアが協力しあって作っていて(オープンソース)、無料で使えます。

ブログから大規模サイトまで作れる CMS | WordPress.org 日本語

だから世界中に広まった

無料で使えて、なおかつ高機能なので、世界中のあらゆる企業、団体、個人に広まりました。

だから誰も世話してくれない

WordPressはフリーソフトなのでサポートの問い合わせ先は存在しません。つまり、どんな問題も自力で解決する必要があるということです。

例えば、あなたがデザインやイラストで使うAdobeのソフトは、もし「急に動かなくなった」というとき、問い合わせの電話やチャットがありますね。WordPressにはそういうサービスはありません(ボランティアの人が答えてくれるかもしれないフォーラムはあります)。

WordPressは、プログラムのかたまりである

WordPressはブログシステム?

数年前まで、WordPressのことを「ブログシステム」と紹介する人がわりといました。実際には「日記や文章を投稿する」以上のことができますので、別にブログ専用のシステムではないのです。

ウェブサイトにもいろんなカタチがありますが、WordPressを使いこなせばおおよそどんなタイプのウェブサイトでも作れます

大半がPHPで書かれている

WordPressは実際にはたくさんのプログラムのひとかたまりです。コンピューターで見るとたくさんのフォルダとファイルで構成されているのがわかります。PHPというプログラミング言語が中心に使われています。

ウェブサーバー上に置いておくタイプのソフトウェア

そのプログラムのかたまりを、ウェブサーバー上に置いておくことでWordPressは動きます。

なので、セキュリティがとても大事

つまり、WordPressを使うということは、すなわち、誰もがアクセスできるサーバーにプログラムのかたまりを置くということです。

ということは、悪意を持った人がアクセスする可能性もあるということです。

だから、WordPressを使いたければ、セキュリティには十分に気を遣う必要があります

私はパソコン初心者だから、ITのプロじゃないから、などという言い訳は一切無意味です。悪意の人が人の都合を聞いてくれるワケなんかないからです。

WordPressは「初心者でもカンタン」なのか?

WordPressは初心者でもカンタンに扱えて、思いどおりのウェブサイトがすぐに作れるツールである

って思ってませんか?

その認識は間違ってます。

WordPressがあまりに有名なので、勘違いしている人が多いんです。

WordPressはたしかに、最初の部分はカンタンです。インストールして、テーマをそのまま使って文章や画像を投稿するだけなら、本当に誰にでもできます。

ですが、ちょっと進んで「思い通りのレイアウトにしたい」「ちょっとカスタマイズしたい」と思い始めると、途端に複雑な知識が要求されます

もし「初心者でもカンタン」「知識もいらない」「でも思い通りに作れる」ことを求めているのだったら、Adobe Portfolioやジンドゥーにしておいたほうが幸せになれるはずです。

私はテーマやプラグインの開発をしているくらいWordPressのことが好きですが、誰でもなんでもとりあえずWordPressにしとけ! とは思いません。

ホームページ作成ツールとWordPress、どっちで作るべき?という話は別記事にも書いたのでもう少し突っ込んで考えたい人は読んでみてください。

テーマとは?プラグインとは?

WordPressの本体以外に、重要な要素をなすのがテーマプラグインです。

テーマとプラグインはそれぞれ両方とも、phpを中心とするプログラムのかたまりです。テーマは主に見た目を変える、プラグインはいろんな機能を追加します。

これらはWordPress本体とは別に第三者が作ったものがほとんどで(公式製のものも少しあります)、中には有料のものもあります。

ちなみに、テーマのことを「テンプレート」って間違って呼んでいる人(やブロガー)が多くいますが、「テンプレート」じゃなくて「テーマ」です。
WordPressの用語では「テンプレート」はテーマを構成する一つ一つのファイルのことです。

テーマだけでは思い通りのウェブサイトは作れない

「テーマを変えれば自分の好きなデザインで作れるのでは?」と思っている人へ。

テーマだけでは思い通りのウェブサイトは作れません。なぜなら配布されているテーマの全ては、有料であれ無料であれ、テーマ作成者が「こういうのを作りたい」と考えて作り発表した、レディメイドなものだからです。つまり、こういうことです。

自分が「こんな形状のサイトを作りたい」と考えている場合、それと全く同じデザインのテーマを見つけるのはほぼ不可能である

クリエイターなら当たり前にわかりますね。いま自分が考えたのと寸分違わず同じものが世の中に流通しているわけがないんです。してたら恐い。

というわけで、本当にすみずみまで思い通りのウェブサイトを作りたいならばテーマを自作か改造するしかない。それができなければ、自分が思ってるのと少し違ってもがまんする。その2択だと思ってください。

テーマファイルを作ったり改造するには、HTML、Sass(CSS)、PHPの知識が必要です。

WordPressでポートフォリオサイトを作るおすすめテーマは?

手前味噌ですみませんけれど、いしつく!が開発したWordPressテーマ「いしつくポートフォリオ (ISTK Portfolio)」をおすすめします。

クリエイターのポートフォリオサイト用と銘打ったテーマなら、WordPressの管理画面で portfolio とでも検索すればいくらでも見つかります。ただ、そういうテーマのほとんどすべてが、クールでオシャレなデザインのギャラリーサイトを作るためのテーマです。

仕事の依頼を増やしたいなら、クールでオシャレなデザインのギャラリーサイトを作っても無駄です。

ポートフォリオサイトを作る目的ってなんですか?ほとんど100%のクリエイターがこう答えると思います。「仕事の依頼を増やしたいから」。

だったら、単なるオシャレデザインの自己満足サイトではなくて「仕事の依頼が来るポートフォリオサイト」を作るためのテーマが必要ですね。でもなぜか存在しないので、いしつく!が作りました。それが「いしつくポートフォリオ (ISTK Portfolio)」です。

大切なのは、技術やテーマよりも、中身=コンテンツ

でもちょっとご忠告申し上げておきたいんですけど、「いしつくポートフォリオ (ISTK Portfolio)」を使いさえすれば、どんなに適当に作っても仕事依頼が来るポートフォリオサイトができる! って思っているとしたら、それは大きな間違いです。

じゃあどうしたらいいか? 結局のところ、ウェブサイトは中身が大切ってことです。

  • 誰に向けて、何を伝えるか
  • どんな内容をどんな配置で掲載するか
  • どんな機能や仕掛けを持たせるべきか

もし「仕事の依頼が来るポートフォリオサイトを作りたい」って思っているのなら、そのために書くべきこと、載せるべきこと、効果的なページ構成や配置ってものがあります

それはWordPressにテーマをインストールしたら自動的に作られるものではなく、ウェブサイトを作る人が自ら考えねばならないことです。

WordPressをインストールして、テーマを選んで、それで満足してちゃダメですよ、ってこと。そっからが本番ですよ、ってこと。

とはいえ、ポートフォリオサイトになにを書くのがいいのか、どう作っていけばいいのか、正解がわからないからみんな苦労するんですよね。

というわけで、「仕事の依頼が来るポートフォリオサイト」をゼロから完成まで手取り足取り解説するnoteマガジンを書いています。ポートフォリオサイトを作るならぜひWordPressで、というイラストレーターさん、クリエイターさんはぜひ読んでください。

【まえがき】WordPressでポートフォリオサイトを作る全手順 by いしつく! |note

いしつく!の教科書

「ポートフォリオサイト、自作してみたけど、仕事依頼なんて一回も来たことない」

そんなイラストレーターに読んでほしい全5章のnoteマガジンです。専門用語はできるだけ使わずに書きました。

目次 & 概要

よかったら、こちらの記事も読んでみて。

いしつく イラストレーターさん向け ポートフォリオサイト添削&ビジネス相談
「いしつく!コンサルティングセッション」は「ココナラ」でご提供しています。