フリーランスの仕事トラブル退散!ユニオン(労働組合)は頼りになるけど、自分を鍛えるのも絶対必要だよ

カテゴリ : イラストレーターの営業術

ギャラ未払いに、著作権侵害。フリーランスが見舞われた仕事上のトラブルの話、ウェブ上でときどき目にしますよね。

もし自分が見舞われたときのために、ユニオン(労働組合)の存在を知っておくと便利です。フリーランスに労働組合?って思うかもしれないけど、フリーランスやイラストレーターが入れるのもあるんですよ。トラブルの解決に向けて手助けをしてもらえます。

でも、こうも思う。トラブルの解決は必要だけど、それだけじゃなくて、個々のフリーランス自身が「強さ」を身につけてかないとだめ。予防もしないと。セットでやらないと意味がない。

いしつく!を立ち上げるのにあたってはそんな思いも下地にあるので、今回は自分の話で恐縮ですが、綴ってみようと思います。ちょこっとおつきあいくださいまし。

以前、フリーランスが主に加入するユニオンに参加してたことがありました。そこにもトラブル相談チームがあって、常に数人のフリーランサーが相談を寄せていました。

相談チームには経験豊富な方がいて、支払わせるための交渉をどう進めたらいいか知恵を授けてくれたり、ときには話し合いや裁判に立ち会ってくれることもあったり、本当にすごく心強い存在でした。

私は運営委員としてその報告を毎月聴いていました。そういう心強い存在ですから、もちろんほとんどのケースは解決するのですが、残念なことに、せっかくアドバイスをもらったのに、その後なんにも行動しないフリーランサーてのも、少数ながらいるのです。

相手に何か要求するのはやっぱり怖いから、とか。めんどくさくなってやっぱり泣き寝入り、とか。中には相談員さんに対して(!)モンスタークレーマー化してしまう人さえいました。

トラブルは誰かがなんとかしてくれる、って感覚みたいです。
それではなかなか、フリーランスとしてこの先生きのこるのは難しいだろうなあ、と個人的に思ったものでしたよ。うんうん。

トラブルに遭うと莫大なエネルギーが奪われます。そしてフリーランスとして生きる以上、一回で済むとは限らない。ユニオンに頼れるところはもちろん頼ればいいんですが、かといって「丸投げしちゃえば大丈夫〜」てな方針では、体がいくつあっても足りません。実際、廃業していく人もいます。結局、トラブルに遭いにくくする体質づくりは不可欠なんです。

冒頭ではフリーランサーの「強さ」と書きました。筋肉を鍛えるときプロテインを飲むのに例えると、ここで一番効く栄養素は、ビジネスの知識です。

イラストを一生懸命描くだけではそういう筋肉って全くつかないんですよ。そこに気づいてほしいなという思いが、いしつく!を立ち上げたきっかけのひとつでもあります。仕事用のウェブサイトを作るのはとてもよい「筋トレ」になりますよ。

難しい世の中なので、誰しもつい、人のせいにしちゃいたいことはあります。業界の景気が悪いから仕事が少ない、とか。クラウドソーシングのせいで単価が下がりっぱなし、とか。もちろんある面では真実なんですが、そこでグチってても何も解決しない。
じゃあ、そんな世の中で自分はどう振舞っていくの?って常に考えつづけないといけない、それはイラストレーターの、というかフリーランサーの宿命なんだろうなあって思うんですよ。

そう書くと厳しいですが、誰だって一瞬でうまくできるわけではなくて、みんなそれぞれに経験を積んで、徐々にうまく泳げるようになるもの。
そこにいしつく!が提供できる知恵もあるかもしれないから、ぜひどんどん利用していただきたいんだよね!ってお話でした。

「イラストサイトを作りたい」
「せっかくなら、
仕事の役に立てたい」

そんなイラストレーターさんに
読んでいただきたいノウハウ集、できました

目次 & 概要

もうちょっと詳しく知りたい?もくじ全公開中

いしつく!はお役に立ちましたか?

フォローして、今後も
最新情報をゲットしてください

  • feedly

よかったら、こちらの記事も読んでみて。